Business

業務内容

「ビザ・帰化」「許認可」「法人・組合設立」「専門サービス」を業務の軸としています。
入国管理局への申請(ビザ申請)、法人設立、営業許可。
会社法務、産廃処理許可申請、建設業許可申請、労働ビザ申請をはじめとする行政書士業務は、服部佐知子行政書士事務所までご相談ください

ビザ・帰化

全国対応!豊富な経験・実務・実績よりビザ・帰化申請はお任せください。

外国人のビザ申請・帰化申請

日本に上陸する外国人の活動が条件(在留資格該当性・基準適合性の要件)に適合しているかについて法務大臣は事前に審査を行い、認められると「在留資格認定証明書」が交付されます。この証明書を提示して、外国の日本大使館や領事館で査証(ビザ)を申請すれば迅速に発給されます。
「帰化申請」とは、外国籍を喪失して日本国籍を取得する手続きのこと。国籍法第4条第1項には「外国人は、帰化によって、日本の国籍を取得することができる。」とあります。永住権は許可取得後も外国籍のままであるのに対し、帰化は完全に日本人となる点が異なります。
2019年4月からは「特定技能」が新たな在留資格として加わりました。中小企業や小規模事業者などで人手不足が進む中、特に深刻化している特定の分野において、即戦力となる外国人材を受け入れていくものです。特定技能1号では14業種が対象となっています。

VISA・帰化申請

•就労ビザ (技術・人文知識国際業務、技能、経営管理、企業内転勤)

*外国人を雇用したいと考えている企業・雇用主

*外国にある子会社から日本の本社に転勤させたい外国人がいる企業・雇用主

*日本の企業で働きたい外国人

*日本で会社を作りたい外国人

*現在働いている会社を辞めて他の会社で働きたい外国人

*現在は留学生だが今後の就職先の相談がしたい外国人

*外国料理店で働きたい外国人

*スポーツインストラクターとして働きたい外国人

•日本人の配偶者等 (結婚ビザ)

*日本人と結婚したい外国人

•介護ビザ (2017年9月1日より)

*介護現場で働きたい外国人

•新しい在留資格 「特定技能」

1 介護

2 ビルクリーニング

3 農業

4 漁業

5 飲食料品製造業

6 外食業

7 素形材産業

8 産業機械製造業

9 電気・電子情報関連産業

10 建設業

11 造船舶用工業

12 自動車整備業

13 航空業

14 宿泊業

•その他 (定住者・永住権など)

*永住権を取りたい外国人

*親を日本に呼び寄せて一緒に生活したい外国人

*外国にいる子どもを日本に呼び寄せて一緒に生活したい外国人

*日本人と離婚したが日本で生活がしたい外国人

*連れ子として日本に来たが親が離婚した外国人

*日本で子どもが生まれた外国人

ビザ・帰化業務一覧

ビザ(総合)  日系4世のビザ  再入国許可  在留特別許可 海外からの日本ビザ取得配偶者(結婚)ビザ  医療滞在ビザ  短期滞在ビザ  留学ビザ  帰化(総合)  永住ビザ  定住者ビザ  家族滞在ビザ  特定活動ビザ  芸術ビザ  研修ビザ  就労ビザ  高度人材ビザ  技術・人文知識・国際業務  経営管理ビザ  技能ビザ  企業内転勤ビザ  介護ビザ(事業者向け)  介護ビザ(学校向け)  ビザ研修(学校向け)  留学生申請書類確認(学校向け)  飲食店・コンビニのビザ  技能実習ビザ  外国人建設就労者受入事業  特定技能ビザ  国籍取得  「特定活動」(本邦大学卒業者)

許認可

様々な業種・業務において許認可が必要なものが多くあります。それらのものにもご相談に応じております。

•産業廃棄物・一般廃棄物 処理業(収集・運搬業、処分業)

産業廃棄物と一般廃棄物には、排出後の処理の責任主体や処理方法に違いがあります。一般廃棄物は市町村の区域内での処理を原則とし、最終的には市町村に処理責任があります。対して産業廃棄物は都道府県境を越える広域移動が認められており、原則として事業者自らに処理責任があります。

産業廃棄物・一般廃棄物 処理業

産業廃棄物の種類と具体例 許可の種類

他人から委託を受けて(特別管理)産業廃棄物の収集・運搬または処分を行う場合には、(特別管理)産業廃棄物の処理業の許可が必要です。
処理業の許可は、産業廃棄物および特別管理産業廃棄物の種類ごとに収集・運搬業と処分業に分かれ、合計で4種類あります。

1.産業廃棄物収集運搬業

2.産業廃棄物処分業

3.特別管理産業廃棄物収集運搬業

4.特別管理産業廃棄物処分業

産業廃棄物収集運搬業許可 実績都道府県

石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県、静岡県、奈良県、滋賀県、大阪府、堺市、京都府、兵庫県、神奈川県、北九州市、福岡県

一般廃棄物収集運搬業許可 実績市町村

四日市市、川越市、桑名市、菰野町、東員町、鈴鹿市、津市、志摩市、多気町、亀山市

•建設業許可申請

建設工事を施工するときは法人・個人を問わず、軽微な工事を除いて建設業法による許可を受けなければなりません。元請負人はもちろん下請人も許可は必要になります。建設業は29業種あり、どの許可を受ければよいかは重要な問題です。建設工事は複数の工事が絡み合って成り立っているケースが多いもの。具体的な業種選定方法として、以下の表の工事の内容・例示を中心に考え、さらに経営規模、技術能力、経営経験等を勘案し総合的に判断いたします。

許認可業務一覧

建設業許可 監理団体許可 経営事項審査  入札参加資格登録  自動車リサイクル法  酒類販売業免許  風俗営業許可  宅地建物取引業免許  農地転用許可届出  建築士事務所登録  産業廃棄物処理業許可  警備業認定  古物商許可  利用運送業許可  貨物運送業許可  倉庫業登録  旅行業登録  飲食店営業許可

建設業許可申請

法人・組合設立

株式会社、合同会社、合名会社、合資会社、一般社団法人、一般財団法人、NPO法人など、法人の種類はさまざま。会社設立にも、建設業許可・産業廃棄物許可・倉庫業登録・運送業許可・飲食店業許可などの手続きが多々あります。これらの許認可を考えず会社を設立した場合、資本金・会社の目的・役員構成などを許認可の条件に合わせて変更登記する必要があります。外国人の方は「経営・管理ビザ」との関連もあり、ビザの審査条件を考慮しなければなりません。会社設立段階からご要望に沿ったアドバイスをいたします。

法人・組合設立業務一覧

株式会社設立 合同会社(LLC) 宗教法人 NPO法人設立 一般社団法人設立  一般財団法人設立  社会福祉法人設立  事業協同組合の設立  外国会社日本支店設置  登記されていないことの証明書 

法人・組合設立

専門サービス

アポスティーユとは、公文書に対する外務省などの証明のことです。海外へ提出する書類に必要なアポスティーユの取得を行います。また、セミナー講師の派遣や外部監査人など、ご要望に合わせた専門性の高いサービスもご提供しております。

専門サービス業務一覧

アポスティーユ

セミナー講師派遣

外部監査人

専門サービス

TOP